ありがたい調節を受け、嬉しかった毎日でした

我々には、男女ともにばりばりはたらくひとしかいません。

あんな面々の補佐的勤めや総務の勤めを一手法に引き受けているのが私だ。
大いに一大勤めも多いし、君たちどっさり勤めを言いつけてくるのでストレスの多い現場だ。
しかも働き手の昼飯会や親睦会など業者の額でお食事をするタイミングなども、当然のように私がコール番を言いつけられて、一度もその思いやりにあずかったことがありません。
業者の成果がよくても、他の働き手の人様は昇給されたり、インセンティブが出たりするのに、私はいつまでもおんなじお給与。それなのにジャンジャン悩みを見なきゃいけない働き手だけが増えていって。。。後から入ったういういしい奥様も、「総務はこの人がやるから、さんはPRやってね」などといわれ、その後輩のお茶まで私が入れできる始末。
その後輩女房のウェルカムパーティーも、当然のように「コール番請求ね」と言われ。
これは自社DVなのかな?といった下降もしましたが、返って煩わしいネットワークもなく、スムーズかもしれないとセオリーを変えてそれなりにやってきました。

そんなとき、とある紳士働き手が導入してきました。明るくエネルギッシュで優秀な紳士で直ちに働き手の人気ものになりました。
勿論ウェルカムパーティーも何度も開かれていました。
私はただひたすら、そのウェルカムパーティーのレシートを額精算するのみ。
「いつも単独だけ同行させなくてごめんね」「絶えずコール番させてスイマセンね」「有難う」そういった口上は誰からも言ってもらえないのは、いつものことなので気にしていませんでした。

但し、その新入働き手の紳士だけは、明日に人知れず私にちっちゃなお菓子といったコーヒーを差し入れてくれたのです。
「前日はコール番や残務製造をしてくれていたおかげで、私は楽しい時を送れました。ささやかですが謝意だ。今度はどうしても一緒に呑みましょう!」というセリフとともに。
私は感激して涙が出そうになりました。

特別お菓子をもらったことや、声をかけてもらったことがうれしかったわけではありません。
3通年、こういう業者に正社員としてまじめに勤めてきていて、「おかげで」「有難う」なんて言われたことが1度もなかったので、そんな労いのセリフや御礼のセリフを言ってもらえたことや、立場に気づいてくれていたことが全く嬉しかったのです。

その紳士働き手が入ってきてから、自社も「有難う」「たすかったよ」などワンポイント所見をかける定例がついてきました。
このようにその人の武器が、周りに要る人様に大きく煽りをあたえることがあるのだなと実感しました。

私もこういう会社で「私なんて!」と思いいじけて働いていましたが、声をかけてくれたきめ細かい新入働き手ちゃんのように
私も知り合いを明るくできるような人様でありたいというようになり、お礼や笑いを頑張っています。アイフォン7をWEB予約し発売日に取得したレポート