年々慣例!家族みんなで春の山菜採り

春になると必ずやってくる我が家の慣行機会があります。
それは、家族みんなで山菜採りに行く事です。

ウド、ふき、行者ニンニク、タラの芽といった色々ありますが、前週からはタケノコ採りをめぐっていらっしゃる。
会員は、義理の父母と我々といった私の夫だ。
お子様ふたりは未だに小さくて危ういので、私の父母に預けて行ってきましたよ~。
日々慣行ですので、いつものスポットに車種で2日数かけて山菜を採りにでかけます。
依然お日様が上がる前文、早朝4場合起床し、おにぎりを大量に握る!この時点でもう一度疲れます!
山に着いたら4顧客バラバラに山々を散策しながらタケノコを探します。
日々誰か軽々しい大難をおこして戻るんですが、前週は義理の父さんがぬかるみに足を取られて転倒したらしく、顔面が泥んこになっていました。笑
4顧客分のたけのこは信じられない体積になるので、家に帰ってからのタケノコを茹でて、皮をむいて、瓶詰めをする作業も大職業だ。
それでもバッチリ瓶詰めを通じて真空にしておくと永年長続きできるので、喜ばしいタケノコが一年間楽しめるんですよね。
最初は嫌々参加していた山菜受け取りですが、今では春が待ち遠しい程の楽しみになっています。
今年はどれだけ採れるのか!期間限定の道楽を満喫しております。予約でiPhone7を手に入れる方